ヤーコンで、お腹の中からキレイになろう!

ヤーコンとは近年大注目の野菜です

ヤーコンとは近年注目されている南米原産のキク科の野菜(根菜)です
栄養価が高く、健康野菜やダイエット食品として注目されていて、レシピサイトでも多くのレシピが公開されています。

見た目や大きさはサツマイモに似ていますが、味は異なります。
生で食べると梨のようなシャキシャキとした食感で、ほんのりとした甘さがあるのが特徴です。

ヤーコンとは究極の健康野菜?

ヤーコンの甘みの正体はフラクトオリゴ糖という糖質で、ビフィズス菌を増やす働きがあることで有名です。
※サツマイモの甘みはデンプンという糖質です。

また、食物繊維も多く含まれていているので腸内環境を改善して、便秘の解消や生活習慣病の予防の効果を期待できます。

それと、嬉しいのがフラクトオリゴ糖は熱量が少ないので他のイモ類と比べると低カロリーで、血糖値も上がりにくいということです。
その為、ダイエット効果も期待できます。
ヤーコンシロップなども販売されているので、砂糖代わりに使用するのも良いですね!

さらに、ヤーコンにはポリフェノールも多く含まれています。
ポリフェノールは根の部分だけでなく、葉にも多く含まれているので、乾燥させてお茶にして飲まれることが多いです。

お店で買うと葉は付いていないですが、自家栽培すれば葉も一緒に収穫できます。
お茶にするのはそれほど難しくないので、自家栽培して自分で作ってみるのも楽しいかもしれないですね。

ポリフェノールには、血糖値やコレステロール、中性脂肪を下げる効果や抗酸作用があると言われているので、お茶として飲むのもおすすめですね。

それと、ミネラルも豊富に含まれているので、高血圧予防の効果も期待できます。

おすすめの調理方法について

南米原産の野菜ですが和食との相性も良く、おすすめの調理方法はキンピラです。
というか、炒め物にすると美味しいです。

また、天ぷらもおすすめです。

煮物にしたり、お味噌汁に入れて食べるのも良いです。
ただ、煮物にする場合には過熱しすぎると風味が無くなるので、さっと火が通るくらいにするのがおすすめです。

さらに、アク抜きをすれば生でも美味しく食べれるので、サラダに入れて食べる方も多いです。
シャキシャキとした食感と甘みを楽しめるので、私もサラダに入れて食べるのが好きです。

このように、ヤーコンはいろいろな調理法があるので、ぜひ一度試してみて下さい。

ただ、ヤーコンは食べ過ぎるとお腹を下し易くなり下痢になることもあります。
なので、食べ過ぎには注意する必要があります。