頭皮の嫌な臭いの原因は「間違った洗髪」と「食生活」にあり

頭の嫌な臭いは皮脂汚れが原因

頭皮の臭いの主な原因として考えられるのが皮脂の過剰な分泌です。

皮脂は、頭皮を乾燥から守るために分泌されます。
その為、頭皮にとっては必要な物質になります。

ただ、皮脂は分泌されると徐々に酸化されて嫌な臭いを発するようになります。
その為、過剰に分泌されてしまうと周囲の人を不快にするくらいに臭いを発してしまいます。

そこで、頭の臭いを抑えるためには皮脂の過剰な分泌を防ぐ必要があります。

シャンプーは1日1回、頭の洗いすぎには注意

まず、頭の洗いすぎには注意が必要です。
1日に何度もシャンプーをしていると皮脂を過剰に洗い流してしまいます。

そうすると、頭皮を乾燥から守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

とはいっても、1日に1回、シャンプーで頭を洗うことも大切です。
頭皮というのは非常に多くの皮脂を分泌するので、放置すると古くなった皮脂が溜ってしまいます。

また、シャンプーを見直すことも大切です。

安いシャンプーを使っていると、頭皮環境を悪くしてしまいます。
髪に優しいシャンプーに変えることで頭皮環境を整えてくれて、臭い対策になるのでおすすめです。

食生活の改善

頭皮の臭い対策には食生活の改善も大切です。

脂っこいものばかり食べていると、頭皮から分泌される皮脂の量も増えてしまいます。

ラーメンや揚げ物、肉の脂身などは避けて、野菜や魚を中心とした健康的な食生活は頭皮の臭いを抑えるためには大切です。

それと、臭いが発せられるのは、皮脂が酸化されるためです。
ビタミンCとビタミンEのような抗酸化作用のある栄養素を含んだ食材を摂るのもおすすめです。