就職面接には質問リストを用意しておくことも重要!

希望の会社や職種に就職するには、面接をいかに成功に導けるかが重要です。

もちろん、履歴書をしっかりと作り込むことも重要です。
ただ、いくら履歴書の内容や筆記試験の得点が立派でも、面接に失敗すれば、ほぼアウトです。

その為にも、しっかりとした面接対策が重要です。

それで、面接試験ではしっかりと企業研究や業界研究などを行っておけば、
面接官がどのような質問をしてくるかはある程度は予測できると思います。

それらの質問をエクセルなどでリスト化して、さらに各質問に対する返答をまとめておくことが大切です。
リストも作らずにいきなり本番で話そうとしても、上手くいく人間は少数です。

業界に関する専門的な知識が必要な質問をされた場合には、一貫の終わりです。
必ず質問リストを作成するようにしましょう!

通常は、
・履歴書を元にした質問
・業界に関する質問
・職種に関する質問
が多いです。

また、経験者かどうかによっても質問される内容は変わってきます。
特に技術職の場合、経験者にはどのくらいの知識があるのかを確認するために、技術的な内容を具体的に質問します。
逆に未経験者だと技術的な内容に関する質問はしません。

さらに、「どうしてその企業を選んだのか?」「どうしてこの職種を選んだのか?」などもよく聞かれます。
転職者の場合には、転職理由も必ず聞かれます。

 

履歴書に敢えて突拍子もないような特技などを書いておいて、
面接時にそこに焦点が当たるようにコントロールするのもいいですね。

しっかりとした回答を作っておけば、面接でめちゃくちゃ話が盛り上がることもあります。
そうなると、面接官も親しみを持ってくれるので、他の競争相手よりも優位になったりもします。

質問リストを作った後は、何度も声に出して読み上げるようにしましょう。
その際、早口になり過ぎないように注意して、かつスラスラと話せるようにしておくことが重要です。
練習をしないで面接に挑むと、せっかく作成した質問リストが無駄になってしまいます。

 

最後にですが、私の経験上からすると、時々、予想だにしない質問をしてくる面接官もいます。
そうなると質問リストはあまり役に立たない可能性もあります。

が、出来る限り作成したリストにある質問に上手く置き換えるなどして、無難に面接をこなすことも重要です。