ローン審査に通る確率について

ローンを利用する場合には、通常は金融機関による審査を受けることになります。

ローン申請時に出した条件次第では、審査に落ちてしまうこともあり得ます。
当然ですが、審査を通過できなければ融資を受けることはできないので、しっかりと事前準備をおこなっておくことも大切です。

ローン審査に通る確率に関しては、審査を行う金融機関によって大きく異なるので、一概に何%とは言えないです。
一般的に80%くらいと言われていますが、30%くらいの場合もあれば、90%以上の割合で通る金融機関もあります。

通過する割合が大きく異なるのは、金融機関によって様々な事情あるためです。
例えば、新規顧客の件数を大幅に増やしたいと考えている金融機関ほど審査が甘くなるので、通過する確率も上がります。

また、同じ金融機関でも時期によっても審査を通過する確率は異なっていて、
例えば自社の金融商品の売り出しに力を入れている期間だと、審査を通りやすくすることで新規の顧客獲得を狙っていきます。
その為、その時期は審査に通る確率も大幅に上がります。

ローンには非正規で働かれている方を対象にしているモノもあり、そういったローンの場合は審査に通り易い傾向にあります。

逆に、新規の顧客獲得に力を入れていないような金融機関だと、審査基準を厳しくして信用できる顧客のみに融資を行うようにしています。

借入希望額によっても、審査に通過する確率は変わってきます。
希望の額が少額であれば審査にも通りやすくなりますが、高額になるほど審査に基準も厳しくなるので確率は下がります。

どこの金融機関も損失を出すのは避けたいと思うのは当然なので、借入希望額が高くなるほど審査に通る確率が下がることになります。

他にも、ローンの審査期間中に他のローンを申し込むと、審査で落とされる確率も上がります。
通常、金融機関は返済負担率(年収に占める年間返済額の割合)を設定しており、それを超えてしまうことあり得ます。

また、クレジットカードのリボ払いの審査に影響が出る可能性があります。
他にも審査期間中に転職や退職を行うと、会社の勤続年数も変わってくるので、審査に影響が出るので注意しましょう。
※会社の勤続年数も審査対象になります。

【最後に】
ローンの申請を行う場合には、シミュレーションツールなどを使って事前にしっかりと計画を立てることがとても重要です。

取り合えず「○○万円必要なので貸して下さい」じゃ、融資する側が躊躇するのも当然です。
しっかりとした返済ビジョンを持っておくようにしましょう!