ヘルペスウイルスと「バルトレックス」

ヘルペスや帯状疱疹のようなヘルペスウイルスが原因で起こる病気の治療に用いられているのが抗ウイルス薬である「バルトレックス」です。

ヘルペスや帯状疱疹が命に関わることはないですが、とにかく痛いです。
それに、これらの病気は放置すると直るのに時間が掛かり、跡が残る可能性もあります。
その為、発症した場合には早期に「バルトレックス」を用いた治療を開始した方がいいです。

「バルトレックス」というのは、ウイルスの増殖を抑えてくれる効果があり、服用してから2~3日で効果が現れ始めます。
ただ、症状が治まったとしても体内にウイルスは残っているので、直ぐに止めずに1週間は飲み続ける必要があります。

注意点として、「バルトレックス」にも副作用が存在します。
例えば、腹痛、頭痛、吐き気、下痢などで、これらの症状が頻繁に起こるような場合は「バルトレックス」の使用を止めて医師に相談するようにして下さい。
とは言え、比較的安全な薬なので、心配し過ぎる必要もありません。

「バルトレックス」は、病院で医師に処方して貰う必要がありますが、最近ではジェネリックもあるので、そちらに切り替えると安く済ませることもできます。
処方された薬が高いと感じた場合には、病院や薬局でジェネリックに変えられないか相談してみて下さい。

最近はインターネットを利用して海外から個人輸入することもできるようです。
ただ、海外からの輸入になるので時間が掛かるので、直ぐに病院に行って薬を処方して貰った方がいいです。

それと、インターネット通販を利用する場合は注意して下さい。
薬を個人輸入して使用する分には問題ないですが、通販サイトだと個人輸入代行になる可能性もあり、違法性を訴える声もあります。

面倒な問題を避けるためにも、多少値段は高くなりますが、病院で処方箋を出して貰って購入するようにしましょう!