タンパク質の不足は薄毛の原因?

髪の毛はタンパク質で作られている

髪の毛は主にケラチンというタンパク質で作られています。

そのため、タンパク質の不足は薄毛の原因にもなります。
また、コシやハリの無い髪になるので、地肌が目立ちやすくなったりもします。

そこで、タンパク質が不足しないように食事にも注意が必要です。
大豆製品や乳製品、赤身肉、魚介類などにタンパク質が多く含まれているので、おすすめです。

ただ、タンパク質を多く含む食材を取ったとしても、それだけではタンパク質は吸収されません。
食材は分解してタンパク質を吸収しやすくする必要があります。

そこで重要なのがミネラルやビタミンといった栄養素です。
これらは消化酵素を働きを助けてくれるので、タンパク質と一緒に摂ることも大切です。

ミネラルやビタミンは新鮮な野菜や果物に多く含まれるので、普段の食事と一緒に食べるようにしましょう。

 

もし、不足しがちな栄養素があれば、サプリメントで補うこともおすすめです。

と言っても、サプリメントはあくまで栄養補助食品なので、基本はバランスの取れた食事です。
不足しがちな栄養素を補うようにしましょう!

食事というのは、髪だけでなく体の健康にとっての基本です。
しっかりと食事を摂るようにして下さい!