クレジットカード

クレジットカードの審査に落ちないための注意点について!

クレジットカード会社がカードを発行する前に審査を行う理由は、返済能力に問題がないかを見極めるためです。
審査に通らなければ、当然そのクレジットカードではカードを発行して貰うことはできません。

審査に落ちてしまうと、その記録は「個人信用情報機関」に半年間は残されます。
もし、一度クレジットカード会社の審査に落ちると、その後別のクレジットカード会社に申し込みを行っても、半年間は通りにくい状況になります。

クレジットカードの審査では、仕事、勤続年数、ローンや借金があるか、などをチェックします。
奨学金や携帯電話料金の返済が遅延していないかも審査の対象になります。

クレジットカードの申請を行う前に、どんな基準で審査を行っているのかも理解しておくことが大切です。
それに、自分にとって使いやすいクレジットカードを調べて吟味することも重要です。

最近では、クレジットカードの申し込みに様々な特典が付くこともあります。
その特典を目当てに何枚ものクレジットカードの申し込みを行っていると、審査に通りにくくなります。

また、既存のクレジットカードを何枚も持っている状態で申請を行うと、やはり審査に通りにくくなります。
ほとんど使っていないクレジットカードがあれば、新しいクレジットカードの申請前に解約しておくことをおススメします。

申請書類に書き間違がある場合も審査で落ちてしまうことがあります。
書き間違いで審査に落ちてしまうのも勿もったいないので注意しましょう!

毎月安定した収入がある方や仕事が安定している方、資産を多くお持ちの方は審査に通りやすくなります。
ただ、世の中、そんな方ばかりではないですよね。

どこのクレジットカードカード会社もしっかりとした審査は必ず行われますが、
その中でも通り易さには違いはあります。
比較的、審査に通り易い会や業界もあるので、そういった情報も調べて申し込むことも大切です!

コメントを残す

*