クレジットカード

クレジットカードのブラックリスト情報

もしクレジットカードの支払いが期日までに行えないと、その滞納記録は個人の信用情報としてしばらくの間残ります。

ブラックリストは、クレジットカードやキャッシングの支払いを長期に渡って遅らせたことのある人のリストです。

たまたま支払いを忘れていたり、不測のトラブルであったりと、数日の間だけ支払いが遅れたくらいでは、通常はブラックリストに載りません。
ただ、長期の滞納などは問題となるので、ブラックリストに名前が載ってしまう可能性があります。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、利用中のクレジットカードも使えなくなってしまうことが多いようです。
所有していたクレジットカードを使えなくなった場合に新規で作成しようとしても、当然審査の段階で落ちてしまいます。

ブラックリストから名前が消えない限り、どこのクレジットカード会社に発行申請を行っても審査を通過することはほぼないです。
ブラックリストから名前を消したければ、これ以上の問題を起こさないようにして下さい。
そうすれば、いずれ名前は削除されます。

ブラックリストに名前が残る期間には期限が設けられています。

例えば、CICという信用情報機関の場合には、ブラックリストに5年間名前が残ります。
例えブラックリストに名前が載っても、その後、5年間トラブルを起こさなければ、名前は消去されます。

もし、キャッシングやローンを利用している場合には、返済が難しくなった場合には早めに対策をとって下さい。

どうしても支払いが困難な場合には、債務整理や破産申告などをして、届け出をする必要があります。

一日でも早くブラックリストから名前を削除したければ、まずは現在取引中の決算を早く完了させてしまうことです。

コメントを残す

*