クレジットカードのブラックリストに名前が載った場合

クレジットカードやキャッシングなどで支払期限を守らずに長期に渡って滞納すると、ブラックリズとに名前が載ってしまいます。
そうなると、利用中のクレジットカードを使えなくなる上、新規でのカード発行も行えなくなります。

クレジットカードの発行会社としては、当然、ブラックリストに名前が載っているような人物にカードを発行したくないですよね。

さすがに、たまたま支払期限が過ぎてしまって数日間滞納した程度でブラックリストに名前が載ることはありません。
とは言え、借りたお金は期限までに返すというのは当たり前のことなので、
トラブルを避けるためにも滞納してしまうことが無いように注意しましょう!

もしもブラックリストに名前が載ってしまうと、しばらくの期間は名前が残り続けます。
その期間は、新規でのカード発行はほぼ不可能です。

ただ、ブラックリストに名前が残る期間にも上限が設定されています。

例えば、CICという信用情報機関のブラックリストだと5年間名前が残ります。
何の問題もなく5年が経過するとブラックリストから名前は消えるので、新規クレジットカードの発行が可能になります。

ただ、その5年間の間に何かしらのトラブル、例えばキャッシングやローンなどの返済トラブルなどを起こすと、ブラックリストから名前は消えないので気をつけて下さい。
もしも、ローンの返済が困難になった場合などは、債務整理などを行って早目の対応を取るようにして下さい。

それと、そもそもの話しになりますが、無理なクレジットカードの利用は避けるようにしましょう。
確実に返済できる金額だけを利用するようにする!ということも重要です。