会社経営と顧問弁護士の関係

会社経営と顧問弁護士

会社経営では法律に関する様々なトラブルに巻き込まれることが良くあります。
雇用に関する問題や契約上のトラブル、債権に関する問題など、トラブルはいくらでも発生します。

このようなトラブルを未然に防いだり、発生したトラブルを迅速に解決するために顧問弁護士を付けている会社が多いです。

顧問弁護士とは直接雇用関係があるわけではないですが、会社専属の弁護士になります。
その会社の事情をよく理解しているので、トラブルの度に弁護士に依頼するよりも、迅速に適切なアドバイスを貰うこともできます。

取引先と揉めた場合には、会社の代理人として相手方との交渉も行ってくれます。

また、トラブルの解決だけでなく、契約書の作成、労務管理の改善、社内規定の整備などの相談もできますし、会社経営者にとっては最良のパートナーとも言えます。

さらに、顧問弁護士を雇うメリットとして、「会社の信用度が上がる」という点も上げられます。
例えば、新規顧客と契約を交わす際には、相手側の信用度も上がり、契約がスムーズに進みます。

さらに、相手側が不義理な行為を働く抑止力にもなります。

顧問弁護士を選ぶ際のポイントとしては、
・会社経営に精通していること
・契約料
の2点です。

弁護士にも得意分野はあるので、会社経営に関する知識がない弁護士では適切なアドバイスを貰うことができません。

また、料金設定についてもしっかりと調査して下さい。
会社規模などによっても大きく変わってきますが、会社規模に合った相場を調べて、その相場から大きくずれている弁護士は避けた方がいいです。

いくら大手の弁護士事務所だとしても、あまりにも高額だと避けた方がいいです。

他にも、「取引実績」や「スムーズにやり取りできる弁護士か?」などもしっかりと見るようにして下さい。
特に、スムーズなやり取りを出来ない弁護士だと、何かトラブルが発生しても迅速な解決ができなくなります。