【ローン】金融機関の選び方

ローンを組む際、金融機関が多く存在する中で、どこで借り入れを行えばいいのか迷うと思います。

一般的には、銀行か消費者金融で借り入れをすることになりますが、
銀行だと安心してローンを組むことができますが、審査が厳しくなるので、そもそも借り入れを行える保障がありません。

消費者金も審査はありますが、銀行と比べると審査基準は低くなるので通りやすくなる傾向にあります。
ただ、金利が高くなる傾向もあり注意が必要です。

因みに、銀行で借り入れを行う場合に金利の相場は15%程度、消費者金融の場合は18%くらいが相場と言われています。

また、消費者金融の中には悪徳業者もあるので、気を付ける必要があります。
あまり聞いたことないような消費者金融や高金利過ぎる場合には悪徳消費者金融の可能性もあるので、しっかりと調べるようにしましょう。

例えば、
・金利が法律で決められいる上限20%を超えていないか?
・口コミサイトなどをチェックして悪い評判が書かれていないか?
などをチェックして下さい。

もし口コミサイトなどに情報が無ければ、「○○金融でお金を借りても大丈夫できますか?」と自ら書き込んでみて下さい。
情報をお持ちの方がいればして貰える場合もあります。

また、金融庁が違法業者を公表しているので、そちらのページも確認して下さい。
https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/

借り入れを行う場合に一番重要なのは金利です。
金利が少しでも変わると、借り入れ額次第では返済総額も大きく変わってくるので注意が必要です。

また、返済回数が多ければ、その分、金利を支払う回数も増えるので、返済総額も多くなってしまいます。
中には、金利を低く設定しておいて、返済回数を増やすことでより多くの利益を得ようとする業者もあります。

金利が少しでも低い金融機関を選ぶことは重要ですが、それだけではなく、返済期間が長くなり過ぎないようにすることも大切です。
その為に、月々の収入次第ですが、出来る限り月々の返済額を多くして、支払回数を減らすようにしましょう。

また、ローンを組む際には、極力頭金を多く払って、借り入れ額自体を少なくすることもおすすめです。

今のご時世、インターネット上には多くの情報があります。
金融機関のホームページや口コミサイトなど出来る限り多くの情報を仕入れて、少しでも損をしない借り入れをするようにしましょう!

ローン審査に通る確率について

ローンを利用する場合には、通常は金融機関による審査を受けることになります。

ローン申請時に出した条件次第では、審査に落ちてしまうこともあり得ます。
当然ですが、審査を通過できなければ融資を受けることはできないので、しっかりと事前準備をおこなっておくことも大切です。

ローン審査に通る確率に関しては、審査を行う金融機関によって大きく異なるので、一概に何%とは言えないです。
一般的に80%くらいと言われていますが、30%くらいの場合もあれば、90%以上の割合で通る金融機関もあります。

通過する割合が大きく異なるのは、金融機関によって様々な事情あるためです。
例えば、新規顧客の件数を大幅に増やしたいと考えている金融機関ほど審査が甘くなるので、通過する確率も上がります。

また、同じ金融機関でも時期によっても審査を通過する確率は異なっていて、
例えば自社の金融商品の売り出しに力を入れている期間だと、審査を通りやすくすることで新規の顧客獲得を狙っていきます。
その為、その時期は審査に通る確率も大幅に上がります。

ローンには非正規で働かれている方を対象にしているモノもあり、そういったローンの場合は審査に通り易い傾向にあります。

逆に、新規の顧客獲得に力を入れていないような金融機関だと、審査基準を厳しくして信用できる顧客のみに融資を行うようにしています。

借入希望額によっても、審査に通過する確率は変わってきます。
希望の額が少額であれば審査にも通りやすくなりますが、高額になるほど審査に基準も厳しくなるので確率は下がります。

どこの金融機関も損失を出すのは避けたいと思うのは当然なので、借入希望額が高くなるほど審査に通る確率が下がることになります。

他にも、ローンの審査期間中に他のローンを申し込むと、審査で落とされる確率も上がります。
通常、金融機関は返済負担率(年収に占める年間返済額の割合)を設定しており、それを超えてしまうことあり得ます。

また、クレジットカードのリボ払いの審査に影響が出る可能性があります。
他にも審査期間中に転職や退職を行うと、会社の勤続年数も変わってくるので、審査に影響が出るので注意しましょう。
※会社の勤続年数も審査対象になります。

【最後に】
ローンの申請を行う場合には、シミュレーションツールなどを使って事前にしっかりと計画を立てることがとても重要です。

取り合えず「○○万円必要なので貸して下さい」じゃ、融資する側が躊躇するのも当然です。
しっかりとした返済ビジョンを持っておくようにしましょう!

オートローンについて

オートローンというものをご存じでしょうか?

カーローンや自動車ローンとも呼ばれ、そのままですが、自動車を購入する為に利用するローンのことを指します。

最近ではオートローンの種類も増え、どのローンを利用するかを自動車ディーラーに任せるのではなく、自分で選ぶ人も増えています。
また、オートローンを取り扱っている会社も信販系や銀行系、消費者金融系、損害保険系といろいろあり、オートローンの種類も多様になってきています。

オートローンは、基本的に自動車を買うのに掛かる費用のローンになります。
ただ、運転免許の取得や車検、自動車修理などの費用でも利用することができるオートローンも存在します。

オートローンの金利には「変動金利」と「固定金利」の2タイプがあり、返済する総額も大きく異なります。
その為、それぞれの特徴や違いをよく理解しておくことが大切です。

「変動金利」はその時々の市場の状況によって金利が変わるタイプで、通常は半年毎に金利が見直されます。
低金利の場合には「固定金利」よりも金利が低くなるのがメリットですが、反対に市場に合わせて金利が上がると「固定金利」よりも金利が高くなることもあります。

「固定金利」は借り入れを行った際の金利がずっと変わらないタイプで、景気などの動向に影響されないというメリットがあります。
その為、返済計画を立てやすくなります。

ただ、「固定金利」は、もし市場金利が低い状態が続いていても、その恩恵を受けられないというデメリットもあります。

「変動金利」と「固定金利」のどちらがお得かとなると、景気に左右されるので断定することができません。
こればかりは何がきっかけで景気が変わるか読めないこともあるので、難しいです。

オートローンは一般的なローンよりも金利が低いという特徴もあります。

オートローンは、途中で「繰り上げ返済」や「借り換え返済」もできます。

「繰り上げ返済」はまとめて先に返済してしまうことで、その分の利息を払わずに済みます。
「借り換え返済」では金利が低いローンに借り換えることで、その金利差の分だけ安くなります。

他にも、「借入年数」によっても、最終的な返済総額が変わってきます。
金融機関によるローンとディーラーローンによる違いも、それぞれに特徴があります。
残価設定ローンというものもあります。

オートローンにもいろいろな種類や特徴があるので、賢く利用することが大切です!

カメラを高額で買い取って貰うには?

カメラを高額で売るなら「カメラ専門店」がおすすめ

使わなくなったカメラを売りたいという方は多いです。
そんな場合、一般的な売り先は「カメラ専門店」か「リサイクルショップ」になります。

ただ、「リサイクルショップ」の場合には店員にカメラの専門知識はなく高額査定にはなりにくいです。

逆に、「カメラ専門店」の場合には専門知識のある店員がしっかりと査定してくれるので、高額査定になりやすくなります。
もちろん、型番が古すぎたり、動作に問題があると買取り価格も低くなりますが、きちんとした知識を持って査定してくれる「カメラ専門店」に持ち込んだ方がいいです。

インターネットを利用したオークションサイトやフリマアプリなどで販売する

今の時代は、オークションサイトやフリマアプリなどで販売する方法もおすすめです。

オークションサイトであれば「ヤフオク(Yahoo!オークション)」や「モバオク」などがおすすめです。
フリマアプリであれば「メルカリ」や「ラクマ」がおすすめです。

オークションサイトやフリマアプリを利用する場合のポイントは、利用者が多いサイトで販売することです。
利用者が多いと人の目につく機会も多くなるので、オークションに参加する人の数も増えるので、最終的に高値なることもあります。

中にはカメラの専門知識のある人も多く、本当に価値のあるカメラであればかなりの高値が付くこともあるので一度トライしてみても良いです。

ただ、商品を自分で発送したり、サイトに登録して写真をアップロードしたりと手間も掛かります。
そういった手間が嫌な方は「カメラ専門店」に直接持ち込むことをおすすめします。

下取りに出すという方法もあり

新しいカメラを買いたい場合に、不要になったカメラを下取りに出すという方法もあります。

場合によっては高額で下取りしてくれる場合もあるので、新しいカメラを買われる場合には下取りしてくれる業者さんを探してみるのもありです。

壊れているカメラでも売れる場合がある

カメラが壊れているどこの業者も引き取ってくれないとあきらめていませんか?

カメラの場合には、「カメラ専門店」だと壊れていてもジャンク品として買い取ってくれる場合があります。
理由は、部品を取り出して利用する為です。

特に古いカメラだと既に生産されていない部品もあるので、カメラの価値が分かる「カメラ専門店」であれば買い取ってもらえる場合が多いです。

もちろん、部品を取り出すのではなく修理して販売される場合もあります。
なので、壊れていてもあきらめずに一度「カメラ専門店」で査定して貰うことをおすすめします。

因みに、オークションサイトやフリマアプリでも売ることができます。
というのも、プロでなくてもカメラマニアはいっぱいいるので、部品を取り出すために購入してくれる人もいます。

事実、ジャンク品として壊れたカメラも多く出品されているので、興味のある方は一度検索してみて下さい。

最後に

カメラを売る場合には、「カメラ専門店」や「リサイクルショップ」に持ち込んだり、オークションサイトやフリマアプリを利用する方法があります。
また、新しいカメラを購入する際に下取りに出す方法もあります。

一般的に、型番や年式が新しい程高額になる傾向があります。
また、部品や箱が綺麗な状態で揃っていると、より高額で買い取って貰えることがあります。

カメラを購入した後は、部品や箱はしっかりと保管しておいて、またカメラの本体やレンズに傷がつかないように大切に使うように心掛けましょう。
そうすれば、仮に不要になった場合に、高額で買い取ってもらいやすくなります。

投資で儲ける!資産運用の第一歩【初心者向け】

投資で儲ける!資産運用の第一歩

以前は挑戦しようにも敷居の高いイメージのあった投資の世界ですが、最近は誰でも手軽に始めることができるようになりました。

少額からでも投資できる金融商品も増え、初心者でも低リスクで開始することができる商品も多くなっています。

とはいっても、何から始めればいいのか分からない方も多いと思います。
そこで、今回は投資に興味のある方向けに記事を書きます。

証券会社は自分にあった投資スタイルで選びましょう!

株式投資を始めるに当たって、まずはどのようなスタイルで投資を行うかが大切です。

「短期狙いでいくのか」「長期狙いでいくのか?」によって選ぶ銘柄も大きく異なり、
それに伴って、利用する証券会社も変わってきます。

また、手数料も証券会社によって異なります。
証券会社を選ぶ際には、手数料がいくらなのかも必ずチェックしましょう。

例えば、岩井コスモ証券では1日単位の定額制で手数料が掛かるので、超短期でのデイトレードをしたい方に向いています。
また、約定する毎に費用が掛かるのがライブスター証券で、中期・長期で株取引をしたい方に向いています。

現在は、多くの証券会社が存在していて、それぞれに特徴があります。
自分がどんなスタイルで株式投資を始めるのかによって適切な証券会社を選ぶようにしましょう。

株以外の証券

投資と聞くと、ほとんどの方が最初に思いつくのが株式投資ですが、他にも債券という方法があります。

証券というのは権利・義務を紙にしたモノです。
株式以外にもあるので、興味のある方は調べてみて下さい。

最後に!

投資というのは無理をしないで今の生活を維持しながら始めるべきモノです。
その為、まずは余剰金で行うことをおすすめします。

慣れてくれば、さらに踏み込んで投資額を増やしていくのも良いですが、無理な投資だけは避けるようにしましょう。

上手にお金を増やしていくことで、生活を少しでも楽に出来ればラッキーですよね。
興味のある方は一度挑戦してみて下さい。