会社経営と顧問弁護士の関係

会社経営と顧問弁護士

会社経営では法律に関する様々なトラブルに巻き込まれることが良くあります。
雇用に関する問題や契約上のトラブル、債権に関する問題など、トラブルはいくらでも発生します。

このようなトラブルを未然に防いだり、発生したトラブルを迅速に解決するために顧問弁護士を付けている会社が多いです。

顧問弁護士とは直接雇用関係があるわけではないですが、会社専属の弁護士になります。
その会社の事情をよく理解しているので、トラブルの度に弁護士に依頼するよりも、迅速に適切なアドバイスを貰うこともできます。

取引先と揉めた場合には、会社の代理人として相手方との交渉も行ってくれます。

また、トラブルの解決だけでなく、契約書の作成、労務管理の改善、社内規定の整備などの相談もできますし、会社経営者にとっては最良のパートナーとも言えます。

さらに、顧問弁護士を雇うメリットとして、「会社の信用度が上がる」という点も上げられます。
例えば、新規顧客と契約を交わす際には、相手側の信用度も上がり、契約がスムーズに進みます。

さらに、相手側が不義理な行為を働く抑止力にもなります。

顧問弁護士を選ぶ際のポイントとしては、
・会社経営に精通していること
・契約料
の2点です。

弁護士にも得意分野はあるので、会社経営に関する知識がない弁護士では適切なアドバイスを貰うことができません。

また、料金設定についてもしっかりと調査して下さい。
会社規模などによっても大きく変わってきますが、会社規模に合った相場を調べて、その相場から大きくずれている弁護士は避けた方がいいです。

いくら大手の弁護士事務所だとしても、あまりにも高額だと避けた方がいいです。

他にも、「取引実績」や「スムーズにやり取りできる弁護士か?」などもしっかりと見るようにして下さい。
特に、スムーズなやり取りを出来ない弁護士だと、何かトラブルが発生しても迅速な解決ができなくなります。

転職活動を成功に導く方法

転職活動を開始する際には、第一に転職サイトに登録しましょう。

転職サイトには多くの求人情報が掲載されていて、表には出ていない求人情報も多く出ています。

ハローワークにも多くの求人情報が出ていますが、やはり転職サイトの方が求人数も多く情報をまとまっています。
それに、全国の求人を検索できるので、応募できる範囲も広がります。

また、転職サイトによって扱っている求人情報も異なるので、複数の転職サイトに同時に登録しておくこともおすすめです。
そうすることで、より多くの求人情報を得ることができます。

転職サイトというのは、転職が成功した場合に、求人情報を掲載した企業から転職サイト運営者へお金が支払われる仕組みなっています。
その為、求職者へのバックアップ体制もしっかりとしていて、面接対策をして貰ったり、多くのアドバイスを貰うこともできます。
転職サイトへの登録や利用はほとんどの場合無料なので、思う存分利用して下さい。

履歴書を作成する場合には、職歴もしっかりと記載するようにして下さい、
職歴は、求職者がどんな仕事をやってきたかを判断する重要な内容なので、漏れがないようにして下さい
また、保有資格やスキルも必ず記載するようにして下さい。

履歴書に貼る写真に関しては、必ず写真館で撮影したものを使用して下さい。

それと、履歴書の記載ミスがあった場合は、修正液は使用せずに、手間でも一から作り直して下さい。
修正液で訂正した跡が残っていると汚く見えるので、印象が悪くなる場合もあります。

志望動機にネガティブな内容を記載するのも避けて下さい。
履歴書にネガティブな内容を記載するような人間と一緒に仕事をしたいと思うような人間はいないので、かなりの確率で落とされます。

面接に臨む際には、応募先企業の調査を行うことも大事です。

企業のホームページを見て、その企業の情報を隅々までチェックして、特に企業理念は頭に入れておくことが大切です。
面接時には、その企業理念に沿って回答できるようにしておければ、面接官の印象も良くなります。

逆に、企業理念にそぐわない発言をしてしまうと、「企業理念もチェックせずに応募してきたの?」と思われてしまいます。

それと、「どのようなサービスや商品を扱っているのか?」も重要です。
応募する企業のサービスや商品を調べてこない人も意外に多いですが、それだと、その企業に入って何をしたいのかを答えられるはずもありません。

面接突破の為の対策について

採用面接を突破する為には事前の準備がとてもに大切です。

準備を怠ると面接に通ることが出来ずに就職試験に落ちてしまう結果にもなりかねません。
必ず準備をしっかりとしてから面接に挑むようにしましょう!

面接に通る為にまず大切なことは、面接官の質問にきっちりと答えられるようにしておくことです。
ちぐはぐな回答をしたり、途中で話す内容に詰まったりすると、その時点で面接官の印象も悪くなりかなりのマイナス評価になります。

そうならない為に、何度も面接時のシミュレーションを行って、質問されそうな内容はリスト化しておくといいです。
同時に、想定される質問に対する回答も考えて、本番で詰まることが無いようにしておくことが大切です。

それと、面接官の質問に対しては、自信なさげに答えるのもマイナスです。
はきはきと話すことを心掛け自信を持って答えるようにするだけでも、面接官の印象はかなり良くなります。

ゆっくりと丁寧に話すことも大切です。
面接時には緊張で早口になりがちですが、それでは面接官も話している内容を聞き取れずに印象が悪くなります。

また、専門用語は極力避け、話す内容も簡潔にし、面接官に話している内容が伝わるようにしましょう!

話す際には表情も重要です。
緊張で顔が強張ってしまいがちですが、その緊張は面接官にも伝わってしまうので、笑顔で話すことが大切です。

ただし、わざとらしい笑顔だと、逆に面接官に不信感を与えてしまいかねません。
自然な笑顔を作れるようにしておくことも大切で、鏡の前でチェックしながら練習することもおすすめです。

それと、当たり前のことですが、清潔感のある身なりを意識しておくことも大切です。
・スーツやシャツにシワがないか?
・髪が伸びすぎていないか?
・髭が伸びていたり、剃り残しがないか?
は、必ずチェックするようにして下さい。

私も何度か面接に携わってきましたが、出来ていない人は意外に多いです。

面接では、最初の数十秒が肝心で、それで合否が決まってしまうと言う方もいます。
それ程に人の話し方や見た目の印象というのは大切なので、話し方と身だしなみを常に意識して面接に臨むようにしましょう!

もちろん、身だしなみを整えるために多少のお金が掛かることもあります。
ただ、それは未来の自分への投資と割り切って、出し惜しみしないようにして下さい。
何事も出し惜しみしてしまうと良い結果を得ることもできないです!

就職面接には質問リストを用意しておくことも重要!

希望の会社や職種に就職するには、面接をいかに成功に導けるかが重要です。

もちろん、履歴書をしっかりと作り込むことも重要です。
ただ、いくら履歴書の内容や筆記試験の得点が立派でも、面接に失敗すれば、ほぼアウトです。

その為にも、しっかりとした面接対策が重要です。

それで、面接試験ではしっかりと企業研究や業界研究などを行っておけば、
面接官がどのような質問をしてくるかはある程度は予測できると思います。

それらの質問をエクセルなどでリスト化して、さらに各質問に対する返答をまとめておくことが大切です。
リストも作らずにいきなり本番で話そうとしても、上手くいく人間は少数です。

業界に関する専門的な知識が必要な質問をされた場合には、一貫の終わりです。
必ず質問リストを作成するようにしましょう!

通常は、
・履歴書を元にした質問
・業界に関する質問
・職種に関する質問
が多いです。

また、経験者かどうかによっても質問される内容は変わってきます。
特に技術職の場合、経験者にはどのくらいの知識があるのかを確認するために、技術的な内容を具体的に質問します。
逆に未経験者だと技術的な内容に関する質問はしません。

さらに、「どうしてその企業を選んだのか?」「どうしてこの職種を選んだのか?」などもよく聞かれます。
転職者の場合には、転職理由も必ず聞かれます。

 

履歴書に敢えて突拍子もないような特技などを書いておいて、
面接時にそこに焦点が当たるようにコントロールするのもいいですね。

しっかりとした回答を作っておけば、面接でめちゃくちゃ話が盛り上がることもあります。
そうなると、面接官も親しみを持ってくれるので、他の競争相手よりも優位になったりもします。

質問リストを作った後は、何度も声に出して読み上げるようにしましょう。
その際、早口になり過ぎないように注意して、かつスラスラと話せるようにしておくことが重要です。
練習をしないで面接に挑むと、せっかく作成した質問リストが無駄になってしまいます。

 

最後にですが、私の経験上からすると、時々、予想だにしない質問をしてくる面接官もいます。
そうなると質問リストはあまり役に立たない可能性もあります。

が、出来る限り作成したリストにある質問に上手く置き換えるなどして、無難に面接をこなすことも重要です。

スマートフォンをお使いの方は、ぜひ求人検索アプリ

スマートフォンをお使いの方は、ぜひ求人検索アプリを使ってみてください。
必要なのは接続料だけです。

求人検索ができるだけでなく、とても簡単に希望の求人に応募することができます。
雑誌やハローワークで検索するのが面倒になってしまうほど使い勝手が良いです。

ただ、どの求人検索アプリを使うかによって、利用できる機能が少し違うので、レビューをチェックして、それぞれの違いを確認してみましょう。

転職活動をする際の履歴書は、自分の職歴を簡潔にわかりやすく記載することが大切です。

これまでの仕事の内容がわかるほど、人事担当者はあなたが新しい仕事に向いているかどうか、能力を発揮できるかどうかを見極めやすくなり、採用される可能性が高くなります。

同様に、あなたの写真も非常に重要なので、ベストな撮影方法をアドバイスしてくれるスタジオで撮影してもらうのがベストです。

また、転職活動は、退職する前に新しい仕事を見つけてから退職するのが一番良い方法です。
これが一番の方法です。

辞めてから新しい仕事を探そうとすると、すぐに新しい仕事が見つからなかったらどうしようと焦りが出てきてしまいます。
それに、お金に困ってしまうこともあるでしょうから、退職する前に仕事を探しておいた方が良いでしょう。

また、一人で頑張ろうとするよりも、誰かに相談してみるのも良いでしょう。

転職することで事態が悪化することもあります。
さらに悪いことには、転職先が前の職場よりも合わなかったり、待遇が悪かったり、転職先の雰囲気に合わなかったりすることもあります。

失敗を避けたいのであれば、しっかりとリサーチをしておくことが大切です。

また、面接官に好印象を与えることも大切です。

転職先を選ぶ際に大切なことの一つは、たくさんの求人の中から自分の理想に近い求人を見つけられるようにすることです。
そのためには、様々な方法を使って求人情報を集める必要があります。

中には会員限定の求人もあるので、複数の求人掲示板やアプリを利用した方が断然良いでしょう。

転職活動に応募する際には、身だしなみを整えて、明るく積極的に行動するようにしましょう。

聞かれる質問も似たようなものになると思いますので、事前に何を話すかを考えて、自分のことをわかりやすく説明できるように準備しておきましょう。

言葉に窮したり、ネガティブな言葉を使ったりしないようにしましょう。
堂々とした態度で臨むことも大切です。

転職活動時に心掛けておくポイント

転職先を決める際のポイントは、多くの求人情報の中から自分の希望に近い仕事を見つけ出すことです。
そのために、色々なものを利用して求人広告をチェックしてみましょう。

表に出てこない求人も結構あるので、複数の転職サイトやアプリに登録しておくことも重要です。

Uターンを考えている場合には、求人情報を得るのは簡単ではないかもしれません。
しかし、転職サイトやアプリを利用することで、地元の求人情報をすぐに見つけることもできますし、応募することもできます。

転職サイトを試したことがない方、まずは登録して「どのような求人があるのか?」「自分の希望に合った求人はあるか?」などをチェックしてみましょう!
雑誌やハローワークには出されていない求人情報を見つけることもできます。

また、転職活動を有利に進めるためのヒントも教えてくれます。
ほとんどの転職サイトは費用もかからないので、インターネットを利用できる方は、ぜひ活用してみましょう。

転職サイトを最大限に活用することは、転職活動を成功させるための最良の方法の一つです。

履歴書は手を抜かずに読み手に分かり易く記入し、職歴も全てを記載するようにしましょう。
過去にどのような仕事をしていたのかを相手に伝えることができれば、入社してすぐに活躍できるかどうかを人事が理解しやすくなり、採用につながります。

また、履歴書の写真は気にしない人が多いですが、写真館に行って履歴書用に撮影してもらった方が良いでしょう。
写真館の方はプロなので、「履歴書用の写真を撮影して欲しいです」と伝えれば、それに対応して貰えます。

それと、履歴書に間違いがあった場合は、面倒ですが訂正せずにもう一度書き直しましょう。
履歴書に訂正した跡が残っていると汚くなってしまい、相手の印象が悪くなる場合もあります。

それと、転職の志望動機で意識しておくことは、意欲的でポジティブなものであることです。
「今後、さらに成長していきたい」「前職で培った経験やスキルをさらに活かせる現場で働きたい」など、ポジティブな志望動機をつけましょう。
間違っても前職の悪口を言うのは止めて下さい

また、応募する企業の特徴(例えば、扱ている商品、社風など)に合わせて、わかりやすく志望動機を述べるようにして下さい。
そのため、しっかりとリサーチをしておきましょう。

それと、ホームページがある場合には、企業理念や今後の展望などにも目を通して、志望動機と絡めて話せるようにしておくこともおすすめです。
それだけでも、相手の印象は格段に良くなります。

また、転職活動中には、以下のポイントも意識しましょう。
・好印象を与えるための身だしなみ
・歯切れの良い話し方
・面接で聞かれる質問は大抵同じなので、計画を立ててシミュレーションを行っておく
・印象が悪くなるようなフレーズを使用しない

最後に、転職活動はとてもエネルギーを使います。
面倒でも、転職活動中はしっかりと食事と休眠を取るようにして、常に体調を万全に整えておくことも大事です。
寝不足だったり体調不良で頭が回らなくなっていると、面接で失敗したりもするので、体調管理はとても大切です。