ヘルペスウイルスと「バルトレックス」

ヘルペスや帯状疱疹のようなヘルペスウイルスが原因で起こる病気の治療に用いられているのが抗ウイルス薬である「バルトレックス」です。

ヘルペスや帯状疱疹が命に関わることはないですが、とにかく痛いです。
それに、これらの病気は放置すると直るのに時間が掛かり、跡が残る可能性もあります。
その為、発症した場合には早期に「バルトレックス」を用いた治療を開始した方がいいです。

「バルトレックス」というのは、ウイルスの増殖を抑えてくれる効果があり、服用してから2~3日で効果が現れ始めます。
ただ、症状が治まったとしても体内にウイルスは残っているので、直ぐに止めずに1週間は飲み続ける必要があります。

注意点として、「バルトレックス」にも副作用が存在します。
例えば、腹痛、頭痛、吐き気、下痢などで、これらの症状が頻繁に起こるような場合は「バルトレックス」の使用を止めて医師に相談するようにして下さい。
とは言え、比較的安全な薬なので、心配し過ぎる必要もありません。

「バルトレックス」は、病院で医師に処方して貰う必要がありますが、最近ではジェネリックもあるので、そちらに切り替えると安く済ませることもできます。
処方された薬が高いと感じた場合には、病院や薬局でジェネリックに変えられないか相談してみて下さい。

最近はインターネットを利用して海外から個人輸入することもできるようです。
ただ、海外からの輸入になるので時間が掛かるので、直ぐに病院に行って薬を処方して貰った方がいいです。

それと、インターネット通販を利用する場合は注意して下さい。
薬を個人輸入して使用する分には問題ないですが、通販サイトだと個人輸入代行になる可能性もあり、違法性を訴える声もあります。

面倒な問題を避けるためにも、多少値段は高くなりますが、病院で処方箋を出して貰って購入するようにしましょう!

ヤーコンで、お腹の中からキレイになろう!

ヤーコンとは近年大注目の野菜です

ヤーコンとは近年注目されている南米原産のキク科の野菜(根菜)です
栄養価が高く、健康野菜やダイエット食品として注目されていて、レシピサイトでも多くのレシピが公開されています。

見た目や大きさはサツマイモに似ていますが、味は異なります。
生で食べると梨のようなシャキシャキとした食感で、ほんのりとした甘さがあるのが特徴です。

ヤーコンとは究極の健康野菜?

ヤーコンの甘みの正体はフラクトオリゴ糖という糖質で、ビフィズス菌を増やす働きがあることで有名です。
※サツマイモの甘みはデンプンという糖質です。

また、食物繊維も多く含まれていているので腸内環境を改善して、便秘の解消や生活習慣病の予防の効果を期待できます。

それと、嬉しいのがフラクトオリゴ糖は熱量が少ないので他のイモ類と比べると低カロリーで、血糖値も上がりにくいということです。
その為、ダイエット効果も期待できます。
ヤーコンシロップなども販売されているので、砂糖代わりに使用するのも良いですね!

さらに、ヤーコンにはポリフェノールも多く含まれています。
ポリフェノールは根の部分だけでなく、葉にも多く含まれているので、乾燥させてお茶にして飲まれることが多いです。

お店で買うと葉は付いていないですが、自家栽培すれば葉も一緒に収穫できます。
お茶にするのはそれほど難しくないので、自家栽培して自分で作ってみるのも楽しいかもしれないですね。

ポリフェノールには、血糖値やコレステロール、中性脂肪を下げる効果や抗酸作用があると言われているので、お茶として飲むのもおすすめですね。

それと、ミネラルも豊富に含まれているので、高血圧予防の効果も期待できます。

おすすめの調理方法について

南米原産の野菜ですが和食との相性も良く、おすすめの調理方法はキンピラです。
というか、炒め物にすると美味しいです。

また、天ぷらもおすすめです。

煮物にしたり、お味噌汁に入れて食べるのも良いです。
ただ、煮物にする場合には過熱しすぎると風味が無くなるので、さっと火が通るくらいにするのがおすすめです。

さらに、アク抜きをすれば生でも美味しく食べれるので、サラダに入れて食べる方も多いです。
シャキシャキとした食感と甘みを楽しめるので、私もサラダに入れて食べるのが好きです。

このように、ヤーコンはいろいろな調理法があるので、ぜひ一度試してみて下さい。

ただ、ヤーコンは食べ過ぎるとお腹を下し易くなり下痢になることもあります。
なので、食べ過ぎには注意する必要があります。

シャンプー

薄毛対策の為の洗髪について

薄毛や抜け毛の対策を行うには、まずは正しい洗髪方法を知ることが大切です。

洗髪は1日1回行うこと

洗髪すると髪の毛が抜けてしまうこともあります。
また、毎日洗髪する必要はないと言われることもあります。

ですが、洗髪の回数を減らすことは良くありません。

清潔な頭皮環境を保つことが薄毛対策、抜け毛対策になるので、
基本的には、1日1回、夜に洗髪を行うことが大切です。

そこで、正しい洗髪方法を知ることから始めましょう!

 

正しい洗髪方法

洗髪中の女性

洗髪時にはぬるま湯を使って下さい。

熱すぎると頭皮や髪にダメージを与えますし。
逆に水だと頭皮の血行が良くならないので、栄養が髪全体に行き渡らなくなります。

血行が悪いと頭皮まで栄養が十分に届かないので注意しましょう!

目安としては35~40度くらいのぬるま湯です。
といっても、毎回洗髪の度に温度を計る訳にもいかないので、手で触って熱すぎなければ大丈夫です。

まず、シャンプーをする前に、髪の毛と頭皮をぬるま湯だけで洗って下さい。

髪の主な汚れは、「体内から分泌される皮脂や古くなった角質」と「ホコリやチリ、花粉など」です。

シャンプー前に予備洗いをすることで、髪の毛や頭皮についたこれらの汚れもかなり洗い流されます。
その為、使用するシャンプーの量も少なくてすみます。

しっかりと予備洗いを行った後は、シャンプーで洗っていきます。

シャンプーは髪に直接付けるのではなく、お湯で薄めてから使用して下さい。

そして、爪を立てずに指の腹で頭皮を揉み込むようにして、優しく洗って下さい。
爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、返って良くないので注意して下さい。

洗う時に力を入れてゴシゴシとこすり過ぎるのも頭皮には良くないので、気をつけるようにしましょう。

洗髪の後は、シャンプーが残らないようにぬるま湯でしっかりと洗い流して下さい。

因みに、整髪剤を使用している場合には、シャンプーは2回行って下さい。
1回だと汚れが落ちないので注意して下さい。

シャンプーの後は、リンスをされる方も多いですが、
リンスはシャンプーによって傷んだ髪をケアするために行います。

ただ、リンスは油分を多く含むので、頭皮に付くとフケやかゆみの原因にもなります。
その為、リンスは頭皮に付かないように注意して、髪の毛の部分に使うようにして下さい。

 

ただ、以前はシャンプーの洗浄力が強く、髪の油分が奪われてしまうので、リンスでのケアが必要でした。
ですが、最近のシャンプーの品質はかなり良くなっていて、ダメージケアまで行ってくれるものもあります。

その為、リンスはしなくても良いです。

それに、普段から頭皮の脂が多い方はリンスは避けた方がいいです。
特に、男性は女性よりも分泌される皮脂の量が多いので、シャンプーでしっかりと洗浄だけしておけばいいです。

もしリンスを使用する場合には、使用後に髪や頭皮に残らないようにしっかりと洗い流してください。
リンスが残るとフケやかゆみの原因になり頭皮環境を悪化させるので、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねないので注意して下さい!

 

シャンプーは自然由来の成分を含むものがいい

シャンプーボトル

シャンプーは合成界面活性剤を使用したものではなく、自然由来の界面活性剤を使用した髪に優しいものを選ぶようにして下さい。

合成界面活性剤は洗浄力が強いので、髪や頭皮を傷めてしまいます。

合成界面活性剤は泡立ちが良くて、値段も安いので、安くて質の悪いシャンプーによく使われます。
が、シャンプーを買う際には、成分をしっかりと確かめて、多少値段が高くても髪にとっていい物を選ぶようにしましょう!

 

最後に

髪は、必ず1日1回行って頭皮環境を清潔に保つようにしましょう。
ただし、誤った洗髪方法だと返って薄毛や抜け毛の原因にもなりかねないので、正しい方法で洗髪を行って下さい。

その際、出来ればシャンプーは自然由来の成分を使用した髪に優しいものを選んで下さい。

また、育毛剤でケアを行うことも大切です。

薄毛や抜け毛に悩まれている方はもちろんですが、若い方でも将来的に薄毛なる可能性もあるので、早めにケアを始めた方がいいです。

育毛剤は多くの企業が販売されていて選択肢が多いですが、
私のおすすめは「薄毛対策に有効なMONOVOのヘアトニックグロウジェル!」です。
既に薄毛や抜け毛で悩まれている方にはもちろん、将来の薄毛対策の為に使用できるので、若い方にもおすすめです。

頭皮の嫌な臭いの原因は「間違った洗髪」と「食生活」にあり

頭の嫌な臭いは皮脂汚れが原因

頭皮の臭いの主な原因として考えられるのが皮脂の過剰な分泌です。

皮脂は、頭皮を乾燥から守るために分泌されます。
その為、頭皮にとっては必要な物質になります。

ただ、皮脂は分泌されると徐々に酸化されて嫌な臭いを発するようになります。
その為、過剰に分泌されてしまうと周囲の人を不快にするくらいに臭いを発してしまいます。

そこで、頭の臭いを抑えるためには皮脂の過剰な分泌を防ぐ必要があります。

シャンプーは1日1回、頭の洗いすぎには注意

まず、頭の洗いすぎには注意が必要です。
1日に何度もシャンプーをしていると皮脂を過剰に洗い流してしまいます。

そうすると、頭皮を乾燥から守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

とはいっても、1日に1回、シャンプーで頭を洗うことも大切です。
頭皮というのは非常に多くの皮脂を分泌するので、放置すると古くなった皮脂が溜ってしまいます。

また、シャンプーを見直すことも大切です。

安いシャンプーを使っていると、頭皮環境を悪くしてしまいます。
髪に優しいシャンプーに変えることで頭皮環境を整えてくれて、臭い対策になるのでおすすめです。

食生活の改善

頭皮の臭い対策には食生活の改善も大切です。

脂っこいものばかり食べていると、頭皮から分泌される皮脂の量も増えてしまいます。

ラーメンや揚げ物、肉の脂身などは避けて、野菜や魚を中心とした健康的な食生活は頭皮の臭いを抑えるためには大切です。

それと、臭いが発せられるのは、皮脂が酸化されるためです。
ビタミンCとビタミンEのような抗酸化作用のある栄養素を含んだ食材を摂るのもおすすめです。

薄毛の原因と対策について

髪の毛の量は年齢と共に減少していきます。
自分の髪を触ってみてその減り具合に溜息をつく人も多いのではないでしょうか?

薄毛対策を行うには、まずは薄毛になる原因を探ることが大切です。

一般的に、薄毛の主な原因とされているのが、遺伝、日頃の髪の手入れ、生活習慣の3つです。
人によって何がどのくらい影響しているのかは異なりますが、髪の手入れと生活習慣は見直すことが可能です。

まず、ヘアケアというと育毛剤をイメージされると思います。
もちろん育毛剤も大切ですが、毎日使われているシャンプーやリンスを見直すことも大切です。

シャンプーに関しては合成系シャンプーは避けましょう。
合成系シャンプーは浸透力が強い為に、髪を作る毛母細胞にダメージを与えてしまうので、薄毛の原因にもなってしまいます。

また、リンスは地肌につけないようにして注意して、しっかりと洗い流すようにして下さい。
リンスが残っていると薄毛の原因にもなりますし、他にもフケやかゆみの原因にもなってしまいます。

さらに、合成界面活性剤を含んでいるものを避けて、天然由来の原料で作られたものを使用することで、頭皮へのダメージを軽減できます。

また、いつも同じ形に髪の毛を縛っているのも良くありません。
あと、パーマやカラーリングも髪にダメージを与えるので、極力避けた方がいいです。

オシャレの為という場合には、パーマをあてる間隔を長くするなどの対策は必要です。

それと、ドライヤーを長時間あてたり、ジェルやスプレー、ワックスなどの整髪料の使い過ぎも注意が必要です。

また、生活習慣の乱れも薄毛の原因になります。
例えば、インスタント食品ばかりを食べていたり、毎日のように飲酒をしていると、薄毛の原因にもなってしまいます。
さらに、毎日十分な睡眠を取ることも大切です。

もし、生活習慣が乱れている方は、一度、根本から自身の生活習慣を見直すことが大切です。
バランスの取れた食事と十分な睡眠は薄毛だけじゃなく、体全体の健康にもつながります。