クレジットカードを選ぶ際の基準

現在は、クレジットカードもかなり普及して、私たちの生活に無くてはならないアイテムの一つになりました。
もちろん、ほとんど使用されないという方もまだまだ多いですが、非常に便利なので、1枚は持っておいた方がいいです。

それでは、「クレジットカードは何を基準に選べばいいのか?」という話しになります。

まずは、
・ポイントシステム
・年会費
・特典
を基準に選ばれるのことをおすすめします。

ポイントシステム

今は、ほとんどのクレジットカードではお買い物で使用した際にポイントが付きます。
また、交通機関と提携したクレジットカードであれば定期券や切符などの購入でもポイントが付くことがありますし、
普段のお買い物だけでなくネット通販でのお買い物でもクレジットカードを使えばポイントが付きます。

溜ったポイントでお買い物をしたり、商品と交換したりもできますし、ポイントをマイルへ交換できるクレジットカードもあります。

基本的には、日常でよく使用するお店(スーパーやドラッグストアなど)や交通機関などが発行しているクレジットカードだとポイントが貯まり易いです。
ただ、クレジットカードによって、ポイント還元率も異なるので、各社のクレジットカードをよく比較することをおすすめします。

年会費

クレジットカードには、年会費が掛かるモノもあります。
無料のモノもありますが、カードのグレードが上がるにつれて年会費なども上がっていきます。

個人的には、年会費が掛かってもポイントで十分に取り返せるので気にしなくていいと考えています。
ただ、やはり年会費が掛かるのは嫌だという方も多いので、その場合は無料のクレジットカードを選んで下さい。

例えば、年会費が無料のカードであれば「楽天カード」が有名です。
もちろん、ゴールドカードにグレードを上げると年会費が掛かりますが、「一般カード」と呼ばれるグレードのカードであれば年会費は永久に無料です。

クレジットカードのヘビーユーザーでなければ、「一般カード」で全く問題ありません。

特典

クレジットカードの中には特典の付くものもあります。
例えば、入会するだけで○○円分のポイントが付与されるといったクレジットカードもあります。

また、女性向けのクレジットカードであれば、女性の顧客を増やすために、女性向け特典が充実していたりします。

最後に

クレジットカードを選ぶ際には、まずはポイントシステム、年会費、特典を基準に選ぶことをおすすめします。

慣れてくれば、2枚目のクレジットカードを、別の基準で選べばいいです。
例えば、海外旅行に良く行かれる方であれば、海外でも強いブランドのクレジットカードを選ぶなど、選び方は様々です。

が、まず1枚目は使い易いクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

クレジットカードの利用で注意すべき事

今や多くの人がクレジットカードを利用されていて、その需要も年々増え続けています。

クレジットカードを利用できるお店も多くなってきましたし、クレジットカードを発行する会社も増えています。
クレジットカードを利用することで現金での支払いも不要になりますし、会計をスムーズに完了させることができるので、とても便利なアイテムと言えます。

クレジットカードを持つには、クレジットカードを発行している会社に申し込みを行います。
申し込みを行うと、クレジットカード会社により審査が行われ、返済能力に問題ないとなれば発行して貰えます。

そして、クレジットカードの発行が完了すれば、ようやくクレジットカードを利用して買い物を行えるようになります。

クレジットカードを利用して買い物をすると、利用者はクレジットカード会社に対して利用した代金を支払うことになります。
そして、クレジットカード会社が利用者の購入代金を代行して支払ってくれます。

クレジットカードの利用時には、暗証番号の入力やサインを求められることが多いです。
ただ、クレジットカードを専用機に通すだけでいい場合もあります。

クレジットカードで買い物をすると、毎月利用明細が郵送やメールで送られてきます。
また、専用のサイトから利用明細を確認できる場合もあります。

クレジットカードを利用する場合には、利用明細は毎月しっかりとチェックして、不自然な支払いが無いかをチェックすることも大切です。

最近はクレジットカードの不正利用も多くなっています。
もしも覚えのない商品の購入履歴があれば、直ぐにクレジットカード会社に連絡して何らかの対応するようにして下さい。

クレジットカードに関する犯罪は年々増加しており、クレジットカード会社も犯罪には気を配っています。

例えば、いつもと遠く離れた場所で使用された形跡があれば、クレジットカード会社から利用者に不正利用ではないかの連絡が届くことがあります。
また、いつもの月よりも利用額が大幅に増えた月があると、クレジットカード会社から確認の連絡が届くことがあります。
実際、私もいつもの月よりも大幅に利用額が増えた月には、連絡がきたことがあります。

もしクレジットカード会社から連絡が来たら、必ず確認するようにして下さい。
そして、利用した覚えのない支払い履歴があれば、即クレジットカード会社に連絡して対応を取ることが大切です。

クレジットカードはとても便利なアイテムで、私たちの生活の一部にもなっています。
ただ、セキュリティに関しては十分に気をつけて利用することが大切です。

ただ、現金は現金で様々な危険があります。
その為、セキュリティが心配だからと言ってクレジットカードの利用を止めるといったことはあまりい選択ではありません。

クレジットカードとは上手に付き合っていくようにしましょう!

クレジットカードのブラックリストに名前が載った場合

クレジットカードやキャッシングなどで支払期限を守らずに長期に渡って滞納すると、ブラックリズとに名前が載ってしまいます。
そうなると、利用中のクレジットカードを使えなくなる上、新規でのカード発行も行えなくなります。

クレジットカードの発行会社としては、当然、ブラックリストに名前が載っているような人物にカードを発行したくないですよね。

さすがに、たまたま支払期限が過ぎてしまって数日間滞納した程度でブラックリストに名前が載ることはありません。
とは言え、借りたお金は期限までに返すというのは当たり前のことなので、
トラブルを避けるためにも滞納してしまうことが無いように注意しましょう!

もしもブラックリストに名前が載ってしまうと、しばらくの期間は名前が残り続けます。
その期間は、新規でのカード発行はほぼ不可能です。

ただ、ブラックリストに名前が残る期間にも上限が設定されています。

例えば、CICという信用情報機関のブラックリストだと5年間名前が残ります。
何の問題もなく5年が経過するとブラックリストから名前は消えるので、新規クレジットカードの発行が可能になります。

ただ、その5年間の間に何かしらのトラブル、例えばキャッシングやローンなどの返済トラブルなどを起こすと、ブラックリストから名前は消えないので気をつけて下さい。
もしも、ローンの返済が困難になった場合などは、債務整理などを行って早目の対応を取るようにして下さい。

それと、そもそもの話しになりますが、無理なクレジットカードの利用は避けるようにしましょう。
確実に返済できる金額だけを利用するようにする!ということも重要です。

クレジットカードのブラックリスト情報

もしクレジットカードの支払いが期日までに行えないと、その滞納記録は個人の信用情報としてしばらくの間残ります。

ブラックリストは、クレジットカードやキャッシングの支払いを長期に渡って遅らせたことのある人のリストです。

たまたま支払いを忘れていたり、不測のトラブルであったりと、数日の間だけ支払いが遅れたくらいでは、通常はブラックリストに載りません。
ただ、長期の滞納などは問題となるので、ブラックリストに名前が載ってしまう可能性があります。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、利用中のクレジットカードも使えなくなってしまうことが多いようです。
所有していたクレジットカードを使えなくなった場合に新規で作成しようとしても、当然審査の段階で落ちてしまいます。

ブラックリストから名前が消えない限り、どこのクレジットカード会社に発行申請を行っても審査を通過することはほぼないです。
ブラックリストから名前を消したければ、これ以上の問題を起こさないようにして下さい。
そうすれば、いずれ名前は削除されます。

ブラックリストに名前が残る期間には期限が設けられています。

例えば、CICという信用情報機関の場合には、ブラックリストに5年間名前が残ります。
例えブラックリストに名前が載っても、その後、5年間トラブルを起こさなければ、名前は消去されます。

もし、キャッシングやローンを利用している場合には、返済が難しくなった場合には早めに対策をとって下さい。

どうしても支払いが困難な場合には、債務整理や破産申告などをして、届け出をする必要があります。

一日でも早くブラックリストから名前を削除したければ、まずは現在取引中の決算を早く完了させてしまうことです。

クレジットカードの審査に落ちないための注意点について!

クレジットカード会社がカードを発行する前に審査を行う理由は、返済能力に問題がないかを見極めるためです。
審査に通らなければ、当然そのクレジットカードではカードを発行して貰うことはできません。

審査に落ちてしまうと、その記録は「個人信用情報機関」に半年間は残されます。
もし、一度クレジットカード会社の審査に落ちると、その後別のクレジットカード会社に申し込みを行っても、半年間は通りにくい状況になります。

クレジットカードの審査では、仕事、勤続年数、ローンや借金があるか、などをチェックします。
奨学金や携帯電話料金の返済が遅延していないかも審査の対象になります。

クレジットカードの申請を行う前に、どんな基準で審査を行っているのかも理解しておくことが大切です。
それに、自分にとって使いやすいクレジットカードを調べて吟味することも重要です。

最近では、クレジットカードの申し込みに様々な特典が付くこともあります。
その特典を目当てに何枚ものクレジットカードの申し込みを行っていると、審査に通りにくくなります。

また、既存のクレジットカードを何枚も持っている状態で申請を行うと、やはり審査に通りにくくなります。
ほとんど使っていないクレジットカードがあれば、新しいクレジットカードの申請前に解約しておくことをおススメします。

申請書類に書き間違がある場合も審査で落ちてしまうことがあります。
書き間違いで審査に落ちてしまうのも勿もったいないので注意しましょう!

毎月安定した収入がある方や仕事が安定している方、資産を多くお持ちの方は審査に通りやすくなります。
ただ、世の中、そんな方ばかりではないですよね。

どこのクレジットカードカード会社もしっかりとした審査は必ず行われますが、
その中でも通り易さには違いはあります。
比較的、審査に通り易い会や業界もあるので、そういった情報も調べて申し込むことも大切です!