クレジットカードのブラックリストに名前が載った場合

クレジットカードやキャッシングなどで支払期限を守らずに長期に渡って滞納すると、ブラックリズとに名前が載ってしまいます。
そうなると、利用中のクレジットカードを使えなくなる上、新規でのカード発行も行えなくなります。

クレジットカードの発行会社としては、当然、ブラックリストに名前が載っているような人物にカードを発行したくないですよね。

さすがに、たまたま支払期限が過ぎてしまって数日間滞納した程度でブラックリストに名前が載ることはありません。
とは言え、借りたお金は期限までに返すというのは当たり前のことなので、
トラブルを避けるためにも滞納してしまうことが無いように注意しましょう!

もしもブラックリストに名前が載ってしまうと、しばらくの期間は名前が残り続けます。
その期間は、新規でのカード発行はほぼ不可能です。

ただ、ブラックリストに名前が残る期間にも上限が設定されています。

例えば、CICという信用情報機関のブラックリストだと5年間名前が残ります。
何の問題もなく5年が経過するとブラックリストから名前は消えるので、新規クレジットカードの発行が可能になります。

ただ、その5年間の間に何かしらのトラブル、例えばキャッシングやローンなどの返済トラブルなどを起こすと、ブラックリストから名前は消えないので気をつけて下さい。
もしも、ローンの返済が困難になった場合などは、債務整理などを行って早目の対応を取るようにして下さい。

それと、そもそもの話しになりますが、無理なクレジットカードの利用は避けるようにしましょう。
確実に返済できる金額だけを利用するようにする!ということも重要です。

クレジットカードのブラックリスト情報

もしクレジットカードの支払いが期日までに行えないと、その滞納記録は個人の信用情報としてしばらくの間残ります。

ブラックリストは、クレジットカードやキャッシングの支払いを長期に渡って遅らせたことのある人のリストです。

たまたま支払いを忘れていたり、不測のトラブルであったりと、数日の間だけ支払いが遅れたくらいでは、通常はブラックリストに載りません。
ただ、長期の滞納などは問題となるので、ブラックリストに名前が載ってしまう可能性があります。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、利用中のクレジットカードも使えなくなってしまうことが多いようです。
所有していたクレジットカードを使えなくなった場合に新規で作成しようとしても、当然審査の段階で落ちてしまいます。

ブラックリストから名前が消えない限り、どこのクレジットカード会社に発行申請を行っても審査を通過することはほぼないです。
ブラックリストから名前を消したければ、これ以上の問題を起こさないようにして下さい。
そうすれば、いずれ名前は削除されます。

ブラックリストに名前が残る期間には期限が設けられています。

例えば、CICという信用情報機関の場合には、ブラックリストに5年間名前が残ります。
例えブラックリストに名前が載っても、その後、5年間トラブルを起こさなければ、名前は消去されます。

もし、キャッシングやローンを利用している場合には、返済が難しくなった場合には早めに対策をとって下さい。

どうしても支払いが困難な場合には、債務整理や破産申告などをして、届け出をする必要があります。

一日でも早くブラックリストから名前を削除したければ、まずは現在取引中の決算を早く完了させてしまうことです。

クレジットカードの審査に落ちないための注意点について!

クレジットカード会社がカードを発行する前に審査を行う理由は、返済能力に問題がないかを見極めるためです。
審査に通らなければ、当然そのクレジットカードではカードを発行して貰うことはできません。

審査に落ちてしまうと、その記録は「個人信用情報機関」に半年間は残されます。
もし、一度クレジットカード会社の審査に落ちると、その後別のクレジットカード会社に申し込みを行っても、半年間は通りにくい状況になります。

クレジットカードの審査では、仕事、勤続年数、ローンや借金があるか、などをチェックします。
奨学金や携帯電話料金の返済が遅延していないかも審査の対象になります。

クレジットカードの申請を行う前に、どんな基準で審査を行っているのかも理解しておくことが大切です。
それに、自分にとって使いやすいクレジットカードを調べて吟味することも重要です。

最近では、クレジットカードの申し込みに様々な特典が付くこともあります。
その特典を目当てに何枚ものクレジットカードの申し込みを行っていると、審査に通りにくくなります。

また、既存のクレジットカードを何枚も持っている状態で申請を行うと、やはり審査に通りにくくなります。
ほとんど使っていないクレジットカードがあれば、新しいクレジットカードの申請前に解約しておくことをおススメします。

申請書類に書き間違がある場合も審査で落ちてしまうことがあります。
書き間違いで審査に落ちてしまうのも勿もったいないので注意しましょう!

毎月安定した収入がある方や仕事が安定している方、資産を多くお持ちの方は審査に通りやすくなります。
ただ、世の中、そんな方ばかりではないですよね。

どこのクレジットカードカード会社もしっかりとした審査は必ず行われますが、
その中でも通り易さには違いはあります。
比較的、審査に通り易い会や業界もあるので、そういった情報も調べて申し込むことも大切です!