10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性も。早目の治療がおすすめ!

10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性も。早目の治療がおすすめ!

10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性も。早目の治療がおすすめ!

薄毛が気になり始めるのは、30代・40代以降と考えている方も多いですが、実際には10代から薄毛が進行している人もいます。

若いからまだ大丈夫と放置されがちですが、30歳、40歳になった頃には進行しきって後悔することになりかねないので、早目の対策をおすすめします。

10代、20代の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性の可能性あり

若い方の場合、遺伝的な要因が強いとされている「若年性脱毛症」の可能性が高く、
母方の祖父や曾祖父が薄毛で悩んでいた場合には、「若年性脱毛症」になる可能性がかなり高くなります。

「若年性脱毛症」とは若年性のAGAとも言われていて、男性ホルモンの一つである「DHT(ジヒドロテストステロン)」の分泌量が過剰になるために起こります。
DHTが過剰になると、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうので、薄毛が進行すると言われています。

もし、10代、20代でも薄毛が気になり始めたら、まずは専門医の診断を受けることをおすすめします。
クリニックに行けば適切な診断をして貰えますし、治療やアドバイスもして貰えます。

ただ、家系的に薄毛になる可能性があるからと言って、必ずしも薄毛になるとは限りません。
それに、そもそも薄毛は必ずしも遺伝だけが原因とも限りません。

生活習慣や食生活に気を付ければ、AGAの進行を抑えることができますし、
逆に生活習慣や食生活が乱れていると、遺伝に関係なく薄毛になる可能性が高くなります。

他にも、例えば市販のお手頃なシャンプーだと髪への刺激が強すぎる石油系の界面活性剤を使用しているので、それが薄毛の原因にもなりかねないです。
また、紫外線も髪にとっては良くないですし、ストレスや疲労が溜まり過ぎるのも良くないです。

10代になると行動範囲も広がりますし、友人との付き合いで外食に行く機会も増える時期です。
友人関係でストレスを抱え込みやすくなる時期でもあります。

そういった点を気を付けて生活することも大切です。

また、食生活に関しては、バランスの取れた食事も大切ですが、髪の生育に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルをしっかりと取れる食事も意識した方がいいです。
それに、髪の生育に必要な栄養素は他にもあるので、足りない分は育毛サプリメントで補助することもおすすめです。

さらには、シャンプーは髪に優しいアミノ酸系シャンプーに変えることもおすすめですし、洗髪方法にも気を付けた方がいいです。

さらに、育毛剤を使ったケアもおすすめです。
育毛剤にも様々なタイプのものがあるので、どういったものがあるかをしっかりとチェックして購入するようにして下さい。

最後に

AGAは10代や20代前半の若い時期から進行し始める方も多いです。
若いからと言って放置するのは危険で、少しでも気になり始めたらすぐに治療を開始することをおすすめします。

また、薄毛は必ずしも遺伝が原因とは限らず、食生活や生活習慣とも関わってきます。
その為、10代の頃から健康的な食生活と規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

さらに、使用するシャンプーに気を配ったり、育毛サプリメントや育毛剤でのケアもおすすめです。

ただ、まずはクリニックに行ってお医者さんに相談することをおすすめします。
その上で適切な治療を受けることも大切です。

石油系シャンプーは避けてアミノ酸系シャンプーを使用しましょう!

石油系シャンプーは避けてアミノ酸系シャンプーを使用しましょう!

シャンプーは、石油系を避けてアミノ酸系かベタイン系がおすすめ

シャンプーには必ず界面活性剤というものが含まれています。
界面活性剤は、頭皮や髪の皮脂汚れを落とすために必要で、界面活性剤の含まれていないシャンプーはありません。

ただ、界面活性剤にもいくつかの種類があり、特によく使用されるのが石油系とアミノ酸系のモノです。

石油系の界面活性剤を使用したシャンプーは避けましょう

石油系の界面活性剤は安くて洗浄力も強いので、安くて質の悪いシャンプーに良く使用されます。

ただ、刺激が強いので頭皮や髪を傷つけてしまいます。

また、洗浄力が強すぎるので、頭皮の皮脂をごっそりと洗い流してしまいます。
頭皮は、皮脂によって乾燥や紫外線から守られているので、全て無くなるとそれらに直接さらされることになります。

乾燥や紫外線はフケや抜け毛の原因にもなるので、直接さらされることは避けたいですね。

石油系の界面活性剤は、安くて洗浄力が強いというのがメリットです。
が、頭皮や髪にとってはその強い洗浄力がデメリットなので、石油系シャンプーの使用は避けた方がいいです。

アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーがおすすめ

アミノ酸系の界面活性剤は、刺激が少なく、洗浄力も強すぎないので、アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に優しいシャンプーとなっています。

石油系シャンプーと比べると泡立ちが悪いので、洗った気がしない方も多いです。
ただ、正しい方法で髪を洗っていれば、髪や頭皮の汚れは十分に落ちます。

それと、石油系シャンプーと比べると、値段が高いというのもアミノ酸系シャンプーのデメリットです。

ただ、石油系シャンプーは薄毛や抜け毛の原因にもなります。
薄毛や抜け毛が進行すると、その治療費や育毛剤の購入がかなりの出費になるので、それを考えるとアミノ酸系シャンプーを使用した方がいいです。

ベタイン系の界面活性剤を使用したシャンプーもおすすめ

髪や頭皮に優しいシャンプーには、ベタイン系の界面活性剤を使用したモノもあります。

ベタイン系の界面活性剤は、アミノ酸系の界面活性剤よりも刺激が弱くて赤ちゃん用のシャンプーにも使用されています。

また、アミノ酸系の界面活性剤よりも泡立ちがいいというメリットもあります。

当然、石油系シャンプーと比べると値段は高くなりますが、ベタイン系シャンプーもおすすめです。

失敗しない育毛剤の選び方!

失敗しない育毛剤の選び方!

失敗しない育毛剤の選び方!

現在、多くの育毛剤が販売されていて、その効果も含まれている成分などによって異なります。

育毛剤を購入する際にはインターネットで売れ筋やランキングなどを調べる方も多いです。
それらの情報を参考にすることはいいのですが、あくまで育毛剤選びの指標の一つにして下さい。

ランキング1位だからといって、必ずしも購入者にも効果があるとは限りません。
大切なのは、自分に合った育毛剤を選ぶことです。

合わない育毛剤を使用しても効果をあまり期待できません。
逆に、頭皮などにマイナスな影響を及ぼすこともあり得るので、育毛剤選びは慎重に行うことが大切です。

例えば、太くてハリのある髪の毛を生やすには、頭皮にまで十分な栄養を届ける必要があります。
その為には、血行改善を改善して、血液の巡りを良くする成分を含んだ育毛剤がおすすめです。
太くてハリのある髪の毛を生やすには、血液の巡りを良くして摂取した栄養が頭皮にまでしっかりと届くようにすること重要です。

冷え性の方の場合、血液の巡りが悪くなっている可能性があります。
そうなると十分な栄養が頭皮にまで届かずに、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。

その場合には、育毛剤だけでなく、血行改善効果のある入浴剤を使用してしっかりと体を温めることもおすすめです。
体を温めることで血液の巡りも良くなるので、一度試してみて下さい。

もし、父親や祖父が薄毛だった場合、遺伝が原因で薄毛になる場合もありますが、それは男性ホルモンが影響していると考えられます。
その方は、男性ホルモンに働きかける効果のある育毛剤を試してみて下さい。

また、愛煙家の方は、髪にとって必要な栄養素が不足して薄毛や抜け毛が進行する場合もあります。
煙草をやめるのが一番いいのですが、止めれない方も多いのが現実です。
その場合には、育毛効果のある栄養素を多く含んだ育毛剤を使用して下さい。
場合によっては、育毛サプリメントも一緒に利用して、足りない分の栄養素を補ってやることも効果的です。

育毛剤は高価なモノが多いので、失敗したくないですよね。
その為にも、自分に合った育毛剤を選ぶようにしましょう!

育毛サプリメントで健康な髪の生育を手助け!

育毛サプリメントで健康な髪の生育を手助け!

育毛サプリメントで健康な髪の生育を手助け!

髪の生育をサポートする働きをするのが育毛サプリメントです。
最近は多くのメーカーから販売されていて、その成分や効果も様々です。

ただ、育毛サプリメントには髪を生やす効果はないので、もし発毛効果を期待して購入されている方は気をつけて下さい。
あくまで髪の健全な生育を手助けするのが育毛サプリメントです。

もし髪を生やしたい場合には、発毛効果のある育毛剤の使用をおすすめします。
または発毛専門のクリニックで治療を受けることをおすすめします。

育毛サプリメントは育毛を助けるサプリメントです

育毛サプリメントは、髪の健全な生育をサポートするサプリメントです。

ただ、その効果も様々で、成分をしっかりとチェックすることが大切です。

例えば、髪の主な成分であるケラチンというタンパク質の生成を助けるのが亜鉛です。
亜鉛が不足すると髪の生成に大きな影響があるので注意して下さい。

冷え性などで血液の巡りが悪い方は、摂取した栄養素が頭皮まで届けられずに、髪の生成が阻害されてしまいます。
そのような方には高麗人参エキスやカプサイシンを含む育毛サプリメントで血行改善を行うのが効果的です。

さらに、ビタミンやミネラルアミノ酸などの栄養素も髪の健康な生育には必要です。
これらの成分が不足しがちな方もサプリメントで補うことは有効です。
特に、煙草を吸われる場合にはビタミンが不足することが多いので、サプリメントで適切に補給することをおすすめします。

また、最近ではノコギリヤシからの抽出成分を含んだサプリメントも人気です。
ノコギリヤシ成分は男性の薄毛であるAGAの原因とされているジヒドロテストステロンの生成を阻害するので、AGAの進行を抑えてくれる育毛サプリメントになります。

育毛サプリメントの摂取で注意すべきこと

サプリメントはあくまで栄養補助食品です。
育毛サプリメント単体ではその効果は期待できないので注意して下さい。

まずは、普段の食事で髪の健康に必要な栄養素(タンパク質、ミネラル、ビタミンなど)を摂取するように心掛けて下さい。
その上で不足しがちな栄養素であったり、そもそもノコギリヤシ成分のように普段の食事からは摂取できないものを補うことが基本です。

また、育毛サプリメントを摂取するタイミングは食後がおすすめです。
さらに、単発で摂取するのではなく、継続的に摂取することも大切です。

それと、コーヒーのようなカフェインを含む飲み物は亜鉛などの吸収を阻害すると言われているので、
念のために水かお湯で飲むようにして下さい。

あと、サプリメントは適量を摂取するようにして下さい。
必要以上に摂取しても効果はないですし、場合によっては過剰摂取で返って悪影響が出てしまう栄養素もあるかもしれないので注意して下さい。

最後に

育毛サプリメントは、通常のサプリメントよりも高価なモノが多いです。

手当たり次第に購入していると生活が破綻しかねないので気を付けましょう。
自身にとって意味のない栄養素(例えば普段の食事でしっかりと摂取できている栄養素など)は避けて、必要な栄養素を補う育毛サプリメントを購入することが大切です。

また、結構な髪の生育を助けるのが育毛サプリメントで、髪を生やす効果はないので注意して下さい。

半身浴には頭皮のデトックス効果と血行促進効果あり!

半身浴には頭皮のデトックス効果と血行促進効果あり!

半身浴には頭皮のデトックス効果と血行促進効果あり!

髪の健康には半身浴がおすすめです。

理由は、
・汗と一緒に頭皮の老廃物が排出される
・血行が促進されて頭皮まで栄養が届く
・リラックス効果で疲れ・ストレスを解消
の3点です。

汗と一緒に頭皮の老廃物が排出される

半身浴では20~30分程かけてゆっくりと湯船に浸かるので、時間をかけて体をじっくりと温めることができます。
その為しっかりと汗をかくので、頭皮の毛穴に溜まった皮脂汚れや整髪料、ほこりなどが汗と一緒に排出されます。

毛穴などの汚れは抜け毛や薄毛の原因にもなるので、頭皮を清潔に保っておくことが大切です。

血行が促進されて頭皮まで栄養が届く

半身浴では体がじっくりと温められるので、体温が上がり血行が良くなります。
血行の改善により摂取した栄養が髪までしっかりと届けられるようになります。

頭皮に栄養不足により、コシやハリが無くて、弱々しくて細い髪の毛になってしまうこと考えられます。

髪の毛が細くなると、地肌も見えてしまうので嫌ですよね!

元々、頭皮は栄養が届きにくい場所と言われています。
血行を改善して栄養が行き届くようにすることはとても大切です。

リラックス効果で疲れ・ストレス解消

半身浴にはリラックス効果も期待できます。

リラックスすることで、体の疲れやストレスの解消も期待できます。

最後に

髪の健康には、お風呂ではシャワーだけで済まさずに、半身浴でしっかりと温まることが大切です。
半身浴には様々な効果が期待でき、簡単に行えるのでおすすめです。

また、一緒に入浴剤を使用することもおすすめです。
入浴剤には血行促進効果やリラックス効果も期待できるものが多いので、髪の健康にとっても効果的です。

さらに、育毛剤を使ったり、育毛シャンプーなども一緒に使用することもおすすめです。

といっても、育毛剤や育毛シャンプーは高いので、まずは簡単にできる半身浴から試してみましょう。

申し込み

クレジットカードの申し込み方法について

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードを発行するには、クレジットカード会社との契約が必要となります。

契約を行うには、まずクレジットカード発行の申し込み行い、その後にクレジットカード会社による審査が行われます。

その審査に通れば、契約が完了してクレジットカードを発行して貰えます。

 

最近では、様々な業種の会社がクレジットカードを発行していて、クレジットカード会社や業界によっても申し込み方法が異なります。

 

流通業界の会社が発行しているクレジットカードは、比較的簡単に申し込みを行えます。

例えば、百貨店であれば店舗の一角に専用の窓口が設置されているので、そこで申し込みを行えます。

 

また、ショッピングで商品を購入する際に、同時にクレジットカードの申し込みを行える場合もあります。
レジでのお会計時に、「今ならお得にクレジットカードを作れますよ」といったことを言われたこともあるのでじゃないでしょうか?

 

信販系の会社であれば、店舗にまで足を運んで店頭窓口で申し込みを行います。

 

銀行系のクレジットカードであれば、口座開設時に一緒に申し込むこともできます。

 

さらに、最近ではインターネット上から専用の申し込みページが用意されている場合もあります。

その場合には、自宅からでも申し込みを行えます。

 

以前と比べるとインターネット環境も整備されて各社WEBサイト上に様々なページを用意しているので、簡単に申し込めるようになりました。

少しでも早く申し込みをしたいという方は、インターネットを利用することをおすすめします。

 

ただ、インターネットでの申し込みとなると、WEBページ上から必要書類を送信する必要があります。

運転免許証などの本人確認書類はスマートフォンなどのカメラで写真を撮って画像で提出することになります。

 

その為、PCやスマートフォンの操作に不慣れな方にとってはは、少しハードルが高いかもですね。

その場合には、店頭での申し込みをおすすめします。

クレジットカード

クレジットカードの発行について

クレジットカードの発行について

クレジットカードについて

現在、多くの方がクレジットカードを利用しています。
仮に利用していなくても、1枚は持っているというのが当たり前の時代になってきました。

 

1人で複数枚のクレジットカードを持っている方も珍しくなく、2017年のデータになりますが、JCBの調査では1人当たり平均3.2枚持っているという結果も出ています。

さらには、安定した収入のない学生でも、学生カードや家族カードを利用することで、比較的簡単にクレジットカードを持てるようになりました。

 

普段のちょっとした買い物で利用されている方もいます。

携帯電話料金や公共料金などもクレジットカードで支払っている方もいます。

 

現金が無くても買い物をできるというのはとても便利ですからね!

 

また、クレジットカードを利用するメリットとして、買い物をするたびにポイントが貯まるという点が上げられます。

クレジットカードを発行するカード会社によってポイントの還元率は異なります。

ですが、このポイントシステムはとても大きいです。

 

例えば、貯まったポイントで買い物をしたり、電子マネーにチャージしたり、商品や商品券と交換したりすることも出来ます。

また、ポイントをマイルと交換できるクレジットカードもあり、ポイントが楽しみで利用されている人も珍しくありません。

 

クレジットカードの申し込み・発行

クレジットカードの申し込み時には、用意しなければいけない書類があります。

その為、事前にどのような書類が必要なのかを調べておいて、予め準備しておく必要があります。

 

例えば、本人確認書類は必ず必要になります。
本人確認書類には、例えば、運転免許証やパスポートを利用するの一般的です。

 

現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、住民票が必要になることもあります。

 

また、クレジットカードの発行には、利用者の返済能力を確認するために、必ずクレジットカード会社による審査が行われます。

返済能力のない方にまで発行していたら、クレジットカード会社も潰れてしまうので当然ですね。

 

審査基準は各クレジットカード会社によって異なります。

ですが、審査に利用する項目(例えば年収、職種、ローンの有無など)はどこの会社もほとんど同じです。
ただ、どの項目をより重視するかは、会社ごとに異なります。

 

もし、安定した収入が無いと、それだけで返済能力が無いと判断されてしまうこともあります。

また、安定した職業についてなければ、審査に通りにくくなります。

既に、他社で借り入れがある人も審査に通りにくくなることがあります。

 

さらに、過去にローンやクレジットカードの支払いを長期(3ヶ月以上)に渡って滞納していたり、自己破産していると、ブラックリストに乗ってしまいます。

ブラックリストに乗るといのは「上記のような金融トラブルが信用情報機関に登録される」ことを指します。

 

信用情報機関に金融トラブルの情報が残っている間は、クレジットカードの審査のハードルがかなり上がります。

通常は、信用情報機関から滞納情報が削除されるまでは5~10年かかるので、ブラックリストに乗るような行動は避けて生活することも大切です。

紙袋

オリジナル紙袋は企業のブランド力アップにおすすめ

オリジナル紙袋で企業のブランド力アップ

オリジナル紙袋を作る意義

今や、紙袋は私たちの生活に欠かせないモノになっています。
買い物をした時にオシャレな紙袋に入れて貰えると、それだけでも嬉しくなりますし、持って歩きたくもなります。

ただ、残念なことに、ショップのロゴも名前も入っていない寂しい紙袋に商品を入れられてしまうこともあります。
ショップ側としては「紙袋なんてなんでもいいでしょ!」という方も多いですが、やはりロゴや名前が入っているだけでも宣伝効果も期待できます。

また、オシャレなデザインの紙袋だとブランド力のアップにもつながります。
それに、オシャレな紙袋だと普段のお出かけアイテムとしても使って貰えるので、宣伝効果アップです。

ぜひ、紙袋も既製品を使用するのではなく、ショップや企業のロゴ・名前が入ったオシャレなオリジナル紙袋を作成することをおすすめします。

たかが紙袋ですが、多くの方の目に触れる機会もあるものなので、他社との差別化になりブランド力強化になります。

紙袋メーカーの探し方

で、企業のブランド戦略を考慮してオリジナル紙袋を作成する場合には、以下の点について注目して紙袋メーカーを探してみて下さい。

・社内に専属のデザイナーを置いているか?
・フルオーダーに対応可能か?

まず、社内に専属のデザイナーを置いている紙袋メーカーだと、ロゴや模様のデザインだけでなく、紙の素材や表面加工、手提げ紐、などなど様々な点を考慮して設計を行って貰えます。

例えば、紙の表面加工には「グロスPP加工」「マットPP加工」という加工方法が良く用いられます。
「グロスPP加工」では紙の表面に艶(ツヤ)を出すことができ、高級感を表現することができます。
逆に「マットPP加工」では紙の表面に艶はなく、落ち着いた感じのシックな感じになります。

このように紙の表面加工だけでも大きく印象を変えることができます。

もちろんデザインだけ他社のデザイナーに依頼することも可能ですが、紙袋に精通している方ではないので、気を付けて下さい。
紙袋にした場合のイメージも考慮してデザインをして貰う必要があります。

また、フルオーダーに対応している紙袋メーカーに発注して下さい。

例えば、ロゴと名前だけ変更が可能なセミオーダーレベルの紙袋制作にしか対応して貰えないと、デザインから考えてオシャレなオリジナル紙袋を作成するなんてことはできません。

因みに、オリジナル紙袋のことなら「オリジナル紙袋の事なら【紙袋.com】」というサイトでも様々な情報発信がされています。
ぜひそちらでも確認してみて下さい。

最後に

オシャレな紙袋は企業のブランド力アップの効果も期待できます。

大量生産された既製品ではなくショップや企業のイメージに合ったオシャレなオリジナル紙袋を作成することで、多くの人にしっかりとアピールするようにしましょう!

最近ではインターネット上だけで注文が完了するWEB通販サイトも増えてきていて、オリジナル紙袋も簡単に作れる時代になってきています。

また、オシャレでこだわりのデザインのオリジナル紙袋でも、製造方法や製造枚数など様々な条件で1枚辺りの価格も抑えて作ることも可能です。

会社経営と顧問弁護士の関係

会社経営と顧問弁護士

会社経営では法律に関する様々なトラブルに巻き込まれることが良くあります。
雇用に関する問題や契約上のトラブル、債権に関する問題など、トラブルはいくらでも発生します。

このようなトラブルを未然に防いだり、発生したトラブルを迅速に解決するために顧問弁護士を付けている会社が多いです。

顧問弁護士とは直接雇用関係があるわけではないですが、会社専属の弁護士になります。
その会社の事情をよく理解しているので、トラブルの度に弁護士に依頼するよりも、迅速に適切なアドバイスを貰うこともできます。

取引先と揉めた場合には、会社の代理人として相手方との交渉も行ってくれます。

また、トラブルの解決だけでなく、契約書の作成、労務管理の改善、社内規定の整備などの相談もできますし、会社経営者にとっては最良のパートナーとも言えます。

さらに、顧問弁護士を雇うメリットとして、「会社の信用度が上がる」という点も上げられます。
例えば、新規顧客と契約を交わす際には、相手側の信用度も上がり、契約がスムーズに進みます。

さらに、相手側が不義理な行為を働く抑止力にもなります。

顧問弁護士を選ぶ際のポイントとしては、
・会社経営に精通していること
・契約料
の2点です。

弁護士にも得意分野はあるので、会社経営に関する知識がない弁護士では適切なアドバイスを貰うことができません。

また、料金設定についてもしっかりと調査して下さい。
会社規模などによっても大きく変わってきますが、会社規模に合った相場を調べて、その相場から大きくずれている弁護士は避けた方がいいです。

いくら大手の弁護士事務所だとしても、あまりにも高額だと避けた方がいいです。

他にも、「取引実績」や「スムーズにやり取りできる弁護士か?」などもしっかりと見るようにして下さい。
特に、スムーズなやり取りを出来ない弁護士だと、何かトラブルが発生しても迅速な解決ができなくなります。

【ローン】金融機関の選び方

ローンを組む際、金融機関が多く存在する中で、どこで借り入れを行えばいいのか迷うと思います。

一般的には、銀行か消費者金融で借り入れをすることになりますが、
銀行だと安心してローンを組むことができますが、審査が厳しくなるので、そもそも借り入れを行える保障がありません。

消費者金も審査はありますが、銀行と比べると審査基準は低くなるので通りやすくなる傾向にあります。
ただ、金利が高くなる傾向もあり注意が必要です。

因みに、銀行で借り入れを行う場合に金利の相場は15%程度、消費者金融の場合は18%くらいが相場と言われています。

また、消費者金融の中には悪徳業者もあるので、気を付ける必要があります。
あまり聞いたことないような消費者金融や高金利過ぎる場合には悪徳消費者金融の可能性もあるので、しっかりと調べるようにしましょう。

例えば、
・金利が法律で決められいる上限20%を超えていないか?
・口コミサイトなどをチェックして悪い評判が書かれていないか?
などをチェックして下さい。

もし口コミサイトなどに情報が無ければ、「○○金融でお金を借りても大丈夫できますか?」と自ら書き込んでみて下さい。
情報をお持ちの方がいればして貰える場合もあります。

また、金融庁が違法業者を公表しているので、そちらのページも確認して下さい。
https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/

借り入れを行う場合に一番重要なのは金利です。
金利が少しでも変わると、借り入れ額次第では返済総額も大きく変わってくるので注意が必要です。

また、返済回数が多ければ、その分、金利を支払う回数も増えるので、返済総額も多くなってしまいます。
中には、金利を低く設定しておいて、返済回数を増やすことでより多くの利益を得ようとする業者もあります。

金利が少しでも低い金融機関を選ぶことは重要ですが、それだけではなく、返済期間が長くなり過ぎないようにすることも大切です。
その為に、月々の収入次第ですが、出来る限り月々の返済額を多くして、支払回数を減らすようにしましょう。

また、ローンを組む際には、極力頭金を多く払って、借り入れ額自体を少なくすることもおすすめです。

今のご時世、インターネット上には多くの情報があります。
金融機関のホームページや口コミサイトなど出来る限り多くの情報を仕入れて、少しでも損をしない借り入れをするようにしましょう!